美術館のススメ

美術館の楽しみ方[まずはこの3つだけ]

そもそも美術館て、行きますか?
これ、かなりはっきり分かれると思うんですよね。
美術館に行く人と行かない人。

わたしは美術館に行く人です。
でも、まわりには「一度も行ったことがない」という友達も多いです。

美術館に行かない人は、単純にそれまで行くきっかけがなかった、というだけの場合があります。

そして、美術館に行く、という人でも、こんな経験ないですか?

話題の展覧会に行ってみたけど、

・本やテレビで見たことのある有名な絵を見て、「あぁ知ってる絵だな」としか感想が出てこない。

・「国宝」とか「初公開」とかの書いてあるのを見て、何となく満足した気になる。

・この絵、「なんでも鑑定団」に出したらいくらかな、というぐらいしか思いつかない。

・それで、何も思いつかない自分は、センスがないのかな、と思ってしまう。

何を隠そう、わたしもそうだったのでよく分かります。
これってある意味、仕方のないことだと思うんです。

学校の美術の授業では、実は美術の見方って教えてもらえないんですよね。

わたしが何度も美術館に通うなかでだんだん分かってきたことや、知り合いの学芸員さんに聞いて教えてもらったことをまとめて、これから美術の見方を解説していくつもりですが、かなり長くなりそうなので、まずは美術館に行った時これだけ意識してみてほしいことを3つご紹介します。

結論から言います。

1 まずは難しいことを考えず、美術館のぜいたくな空間を味わう。

2 展覧会会場を2往復する。

3 展覧会の中で1点だけピンとくる作品を探す。

これだけです。
では、少しだけ解説を加えますね。

\動画で見たい方はこちら/

1 まずは難しいことを考えず、美術館のぜいたくな空間を味わう。

美術館って、雰囲気がいいですよね。
静かで落ち着いていて、いるだけで文化的な空気を感じることができます。
そして展覧会では、何百年も昔に作られた作品(文化財)が目の前にあるんです。
または、会うことができない過去の芸術家や、今をときめくアーティストが作った作品が、バーチャルではなく実物がそこにある。
これって、冷静に考えるとすごいことですよね。
まずはそんなことを思いながら、美術館の空間を味わいましょう。

2 展覧会会場を2往復する。

どうしてもやりがちなのは、展覧会会場に入ったら、最初の説明パネルからしっかり読み始めて、一点目の作品から順路を守って一つ一つ順番に見ていくことです。
でもオススメなのは、まずは一度サーっと入口から出口まで流し見をすることです。

流し見?

えーと、なんというか、どんな感じの作品が並んでるのかなって、展覧会の全体像を見る感じと言えばいいですかね。

これ小説以外の本の読み方も同じで、最初から一字一句もらさず読んでいくよりも、まず目次とあとがきをみて、パラパラとめくって本の大枠の流れを頭に入れてから読むと、作者が強調するメッセージがつかめて、スムーズに内容が頭に入ってきます。

展覧会も全体像や展示構成、ていうとちょっと難しく聞こえますけど、ここら辺に目玉っぽい作品があって、入口のあたりにはその作品が生まれるまでの摸索中の作品が並んでるみたいだなー、とかを何となくつかんでから見ると、感じ方がだいぶ変わります。

気合を入れて見る必要があるところと、ふんふんと肩の力を抜いて見ていいところが、分かるというか。
最初の一点目からがんばって見ていくと、たいてい途中で集中力が切れます。どんな人でも。
だから、まず一度ざっくり見ておくのが大事なんです。

3 展覧会の中で1点だけピンとくる作品を探す。

そして最後です。最初に一度、会場を頭から終わりまでサーっと見ていく中で、なにか自分の中でピンとひっかかる作品を見つけられると、なおいいです。

何でかわからないけど、好きだな、とか、気になるな、ぐらいでいいです。

そうしたら、もう一度入口に戻って、見ていきましょう。
その時に、自分がピンときた作品と何が違うのかなーって、考えながら見ていくのがオススメです。

結局、作品て、一点だけポンと置いてあっても、何がいいのか、よく分かりませんよね。
だから他の作品と比較すると、なんで自分がピンときたのか、だんだんポイントがつかめてきます。

色なのか形なのか大きさなのか、それとも別の何かなのか。

最初はうまくいかないと思います。自分の中の感情をうまく言い表わせないはずです。
でも、何度か繰り返していると、だんだん見えてきますよ。
自分はこういうところに心が動かされるみたいだなっていうのが。

こうなってくると、どんな展覧会に行っても、自分なりの見方ができるようになるので、どんどん楽しくなってはまります。
私がそうでした。

美術館オススメの見方まとめ

もう一度最後にまとめますね。

美術館に行った時のオススメの見方は、

1 まずは難しいことを考えず、美術館のぜいたくな空間を味わう。

2 展覧会会場を2往復する。

3 展覧会の中で1点だけピンとくる作品を探す。

ぜひ試してみてくださいね!